SKYTEAM 10TH ANNIVERSARY

Once people called them a patchwork of the leftovers. But now with three Eastern bloc airlines, two socialist airlines (one more to come), an airline flying the 767-200 into Narita, a die-hard Italian carrier, a Sub-Sahara African airline, an airline who serves miso soup and Camembert at the same time, an airline who serves bibimbap, an airline who never stops giving the miniature houses to their passengers, an airline who has its headquarters in Majorca, and the airline who is taking over the spirit of the airline I loved most, they have become the most vibrant airline alliance on the earth. Happy 10th anniversary, SkyTeam.
かつて、残り物の寄せ集め、と呼んだ人もいた。でも今では、イースタンブロックのエアライン3つと、社会主義国のエアライン2つ(まもなくもう1つ追加)と、成田に767-200でやってくるエアライン1つと、ダイハードなイタリアン1つと、サブサハラアフリカのエアライン1つと、味噌汁とカマンベールを同時にサーブするエアライン1つと、ビビンバを出すエアライン1つと、ミニチュアハウスを配るのをやめないエアライン1つと、マヨルカ島に本社を持つエアライン1つと、僕が最も愛したエアラインのスピリットを引き継ぐエアライン1つをそろえ、地球上で最もバイブラントな航空アライアンスになった。スカイチーム、10周年、おめでとう。

Comments