AMANSARA PART1





This architectural gem was built as a guest villa for the king in 1962 by a French architect and witnessed Cambodia's twisted fate. After leaving royalty, it had been turned into a high-end hotel, later taken over by Khmer Rouge and severely destroyed. Next, it was turned into a hotel again. Then, in the end, it was ruined again. In 2002, Amanresorts discovered it and renovated staying true to the original design. The room they gave us is one of twelve suites in the original building.
1962年にフランス人の建築家によって国王のゲスト用ヴィラとして建てられたこの美しい建築は、カンボジアの複雑な歴史をずっと目撃し続けてきた。ロイヤルファミリーの手を離れてからは、まず高級ホテルに生まれ変わり、その後クメールルージュに奪われて激しく破壊される。やがてまたホテルになったが、再び荒廃。2002年になってアマンリゾートがそれを見つけ出し、オリジナルのデザインを尊重しながら改修した。用意してくれた部屋は、オリジナルの建物にある12のスイートのうちの1つ。

Comments