THE TAIWANESE QUEEN PART1


It's been a while since my last visit to Narita T2. The terminal building has a lounge for China Airlines called Dynasty Lounge which feels relaxing like a little hideaway.
成田の2タミは実に久しぶり。ここにあるダイナスティラウンジというチャイナエアラインのラウンジは、落ち着いていて隠れ家のよう。

I am super lucky. This evening CI assigned the Queen of the Skies to their last flight of the day to Taipei Taoyuan International. The flight uses B-18212 delivered in 2005—one of four passenger 744s still in service with China Airlines.
最高にラッキー。 CIは、今夜の台北桃園国際空港行き最終便に空の女王をアサインしてくれた。チャイナエアラインがまだ運航している4機の旅客型744のうちの1機、2005年にデリバーされたB-18212で飛ぶ。

Amazingly old school seats. I feel like I’m time-traveling to the 00’s. The queen is still 14-year old and one of the youngest passenger 744s. So I think she deserves more modern seats.
00年代にタイムスリップしたような感じがする超オールドスクールなシート。この機はまだ機齢14年で、旅客型744としては最も若い機体のうちの一つ。だから、もっとモダンなシートをあげてもいいと思うのだが。

The seats are old but the cabin feels quite spacious because it's wider than those on the 777 and A350. China Airlines B747-400 NRT-TPE. The 756th flight in my lifetime.
シートは古いものの、キャビンは広々。777A350よりもキャビン幅が広いので。チャイナエアライン B747-400 NRT-TPE。生涯756フライト目。

Comments