Posts

Showing posts from 2020

A 737 WITH THE NEW RECARO

Image
Flying back to Schiphol on a pretty brand-new 737-800 delivered in March 2019. Note ANA's Star Wars-themed 787-9 wearing the R2-D2 color is sitting behind her. The ANA plane is a new face here at Schwechat.
2019年3月にデリバーされたばかりのとても若い737-800でスキポールに戻る。後方にスターウォーズテーマカラーのR2-D2バージョンをまとったANAの787-9がいることに注目。ここシュヴェヒャートでANA機は新顔。


This factory-fresh bird is equipped with Recaro BL3710 slimline seats. The seats are more modern, but the 3-3 layout using the same seat product as the economy class is still not appropriate for the business class.
この新造機はレカロのBL3710スリムラインシートを積んでいる。シート自体は最新モデルだが、エコノミーと同じシートを使った3-3のレイアウトは、相変わらずビジネスクラスには相応しくない。

Nice carpet.
素敵なカーペット。

In a typical Euro Business cabin, your breakfast requires two tables. KLM B737-800 VIE-AMS. The 760th flight in my lifetime.
典型的なユーロビジネスのキャビンでの朝食には、テーブルが2ついる。KLM B737-800 VIE-AMS。生涯760フライト目。

THE CITY OF MUSIC AND DREAMS

Image
Thank you, Vienna, for being such a special place for me.
僕にとって特別な場所であり続けてくれてありがとう、ウィーン。

THE INNERE STADT

Image
The Hofburg. Demel. The Graben with a street pianist. Wüstenrot building. A Donaukanal sunset. It's a pleasant route for strolling.
ホーフブルク宮殿。デメル。ストリートピアニストがいるグラーベン通り。ヴュステンロートビル。そして、ドナウ運河のサンセット。なかなか良い散歩道。

KARL MARX-HOF

Image
A memory of Red Vienna. One of the greatest architectures socialism has created. And one of the longest single residential buildings in the world. I've always wanted to come here. My highlight was passing through one of its arched gateways on a city bus.
赤いウィーンの残像。社会主義が作った最も優れた建築の一つ。そして、世界で最も長い単独の住宅建築の一つ。ずっとここに来てみたかった。ハイライトは、路線バスに乗ってアーチ型ゲートをくぐったこと。

HEURIGER MAYER AM PFARRPLATZ

Image
A meat feast at Heuriger Mayer am Pfarrplatz a.k.a. Beethovenhaus. The house in Vienna suburb Ludwig van Beethoven lived in 1817 has now become a heuriger—the Austrian style tavern run by a winemaker to serve their own wines. Outdoor dining is always pleasant. Freude!
ベートーベンハウスとして知られるホイリゲ、マイヤー・アム・プファールプラッツで肉三昧。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1817年に住んだといわれるウィーン郊外の家が、今ではホイリゲ、つまりワイン生産者が自らのワインを提供するために作ったオーストリア式の居酒屋になっている。外で食べるのはいつだって気持ちがいい。フロイデ!

BADNER BAHN

Image
Luckily I had a chance to take an ivory/blue tram that stands out from regular red+white/gray Vienna tram cars. It's a Badner Bahn train operated by the Wiener Lokalbahnen, which runs between Oper and Baden, a spa town located south of Vienna. When I came to Vienna for the first tie in the 90s, I rode this train all the way to Baden. Its seats have tables and look more like a suburban train rather than an urban tram.
ラッキーなことに、おなじみの赤+白/グレーのウィーンナトラムたちの中で一際目立つアイボリー+青のトラムに乗ることができた。これはオペラ座からウィーンの南にある温泉町バーデンまで走るヴィーン—バーデン地方線の列車で、ウィーン地方鉄道が運行している。90年代に初めてウィーンに来た時は、これに乗ってバーデンまで行ってみた。シートにはテーブルがついていて、都市部のトラムというよりは近郊列車っぽい。

GLORIETTE AT SCHLOSS SCHOENBRUNN

Image
My third time visiting here. The purpose of the visit today is not the overcrowded palace but an apfelstrudel at the terrace of the gloriette.
ここに来るのは3度目。今回の訪問の目的は人でごった返している宮殿ではなく、グロリエッテのテラスで食べるアプフェルシュトゥルーデル。

CAFE CENTRAL REVISITED

Image
Revisited the last cafe I dropped by as a bachelor in 2008. This is a very touristy place. However, its authenticity overrides the touristy feel. That's awesome.
2008年に独身として最後に訪れたカフェを再訪。ここはかなりツーリスティな場所だが、オーセンティシティがツーリスティ感を上書きしている。それが素晴らしい。

MUSEUM REMISE PART4

Image
One of the main features of the museum is the icon of Vienna's underground—the Type U "Silberpfeil (Silver Arrow)". It's the first-gen of Vienna's U-Bahn trains and this particular car was built in 1976 by Simmering-Graz-Pauker. The driver's panel looks quite spartan and practical. Austrian industrial design at its best.
ミュージアムの目玉の一つが、ウィーンの地下のアイコン、タイプU「シルバーアロー」。ウィーンUバーン車両の第一世代で、ここにあるものは1976年にシマーリンク・グラーツ・パウカーによって製造された。運転台は質実剛健。珠玉のオーストリアン工業デザイン。

You can also play with a U-Bahn simulator.
Uバーンシムでも遊べる。

MUSEUM REMISE PART3

Image
Continues to explore the museum. This is a Type M tramcar 4137 built in the late 1920s by Lohner-Werke, a Viennese luxury coach and aircraft manufacturer that was acquired by Bombardier in 1970. Ferdinand Porsche was hired by Lohner in his early career.
ミュージアムの見学を続ける。これは1920年代後期に作られたタイプMのトラムカー、4137。作ったのは、1970年にボンバルディアに吸収されたウィーンの高級馬車&航空機メーカー、ローナー・ヴェルケ。フェルディナント・ポルシェは若い頃、ローナーに勤めていた。

The gallery also has the four-legged beauties. First, a Saurer diesel longnose bus built in 1949.
館内には四つ足たちもいる。まずは1949年もののザウラー製ディーゼル長鼻バス。

This is the six-legged—a handsome Gräf & Stift DD-2FU double-decker bus that was used from 1961 until the mid-1970s.
こちらは六つ足。1961年から70年代中頃まで使われたグラーフ&シュティフト製のダブルデッカーバスDD-2FU。なかなかハンサム。

"A bus from the river"— in 1976, the Reichsbrücke (Imperial Bridge) over the Danube collapsed and dragged an articulated bus into the water. The bus was salvaged, restored, and used again until 1989. And this is the bus.
「川から来たバス」。1976年、ドナウ川にかかるライヒスブリュッケ(帝国橋)が崩落、走っていた連節バスが川に落下した。引…