Posts

Showing posts from 2020

THE UPSIDE DOWN TABLE

Image
Bratislava Castle is called the "upside down table" and it's quite self-explanatory. This icon of the city is as dominant as Prague Castle and Buda Castle, but much cuter than them as if it were a castle in a children book.
ブラチスラヴァ城には「ひっくり返ったテーブル」というあだ名がついている。その理由は一目瞭然。街のアイコンとしてプラハ城やブダ城同様に堂々としているが、それらよりもずっと可愛らしく、童話に出てくるお城のよう。

TO THE CASTLE PART2

Image
Strolled through Panská Street,...
パンスカ通りを抜けて・・・

... checked out St. Martin's Cathedral and...
聖マルティン大聖堂と・・・

...Pharmacy Salvator built in 1904,...
1904年に建てられたサルバトール薬局を眺めて・・・

...climbed up the hill overlooking the Danube, ...
ドナウを見下ろす丘に登って・・・

,,,then, arrived at the gate of Bratislava Castle.
ブラチスラヴァ城の城門にたどり着いた。

TO THE CASTLE PART1

Image
My first time in Bratislava. That means I need to go to the castle first. So I hopped on the Route One tram at the central rail station to head for the central part of downtown.
初ブラティスラヴァ。まずは城へ行かないと。そこで中央駅で1番のトラムを捕まえ、ダウンタウンの中心部へ向かう。

Someone left a fiddle stick on the tramcar—my vivid first impression of Slovakia.
誰かがトラムにバイオリンの弓を忘れていった。スロバキアの強烈な第一印象。

Got off the tram at SNP Square to walk inside the old town.
スロバキア民族蜂起広場でトラムを降り、旧市街の中を歩く。

Passing through the small but charming Main Square.
小さいがチャーミングな中央広場を通過。

Saying hi to the Japanese Embassy sitting at the corner of the Square.
広場の一角にある日本大使館にご挨拶。

DAYTRIPPING TO SLOVAKIA PART2

Image
The train stops at Marchegg—the last station before the border crossing between Austria and Slovakia.
オーストリア/スロバキア国境を越える前の最後の駅、マルヒエッグに停車。

Crossing the Morava River and entering Slovakia—my 72nd country visited (if I count pre-reversion Hong Kong and Macau in).
モラヴァ川を渡ってスロバキアに入国。返還前の香港とマカオを含めると、スロバキアは僕にとって72か国目の訪問国。

The first stop in Slovakia is Devínska Nová Ves station.
スロバキア側の最初の停車駅、デヴィンスカ・ノヴァ・ヴェス。


Arrived at Bratislava hlavná stanica. Time to explore the capital.
ブラチスラヴァ中央駅に到着。首都の探索に出かける。

DAYTRIPPING TO SLOVAKIA PART1

Image
Taking a cross-border day trip to Bratislava from Wien Hauptbahnhof. The train uses the Austrian Federal Railways' Class 2016 "Eurorunner" diesel-electric locomotive built by Siemens. Its passenger carriages belong to Železničná spoločnosť Slovensko—a Slovak state-owned passenger train company.
ウィーン中央駅からブラチスラヴァへ、国境を越えた日帰りの旅に出発。列車はオーストリア連邦鉄道のシーメンス製2016型電気式ディーゼル機関車「ユーロランナー」と、スロバキアの国有企業である鉄道企業体スロバキア株式会社に所属する客車を使っている。

A "dual nationality" train runs east.
「二重国籍」列車は東へ。

GETTING AROUND VIENNA: STRASSENBAHN

Image
In Vienna, the best way to start a dinner is hopping on a tram car. Cityscapes passing by slowly outside its windows become a nice appetizer.
ウィーンでディナーへ出かける時には、トラムに乗っていくのがいい。窓の外をゆっくりと流れる街の風景が、なかなか良いアペタイザーになるから。

GETTING AROUND VIENNA: U-BAHN

Image
The main routes of Vienna's U-Bahn network use the newer Type V cars whose face look like the Japanese superhero Ultraman, and...
ウィーンのUバーンの主要路線は、ウルトラマンのような顔を持った新しいタイプV車両と・・・



...the classic Type U1/U2 "Silberpfeil (Silver Arrow)" cars featuring manually-opening doors which has a heavy duty feel. Of course, I prefer the U1/U2 from the 1980s that requires you to open the door as soon as the train arrives at the platform like a true Viennese.
重厚な感じのドアを手で開ける必要がある旧型のタイプU1/U2「シルバーアロー」車両を使っている。僕はもちろん、電車がホームに滑り込んだ途端に真のヴィエニーズのようにすばやく自分でドアを開けなくてはいけない、80sなU1/U2の方が好き。

AN EVENING WITH MUSIC

Image
One of the best parts of Hotel Imperial I'm staying at now is that it's located next door to the Wiener Musikverein. Once the concert is over, cross the street, enter the hotel lobby, take an elevator, and you are now back in your room.
今泊まっているホテルインペリアルの魅力の一つは、隣が楽友協会であること。演奏会が終わったら、道を渡り、ロビーに入り、エレベーターに乗るだけでもう自分の部屋にいる。

PRATER AND A BLUE SKY

Image
The Prater and Hanayashiki. My 2 most favorite amusement parks in the world.
プラーターと花やしき。この2つが、世界で一番好きな遊園地。

VIENNA ESSENTIALS

Image
Strolled around Oper, Kaerntner,...
オペラ、ケルントナー、そして・・・


...and Stephen.
シュテファンのあたりをぶらぶら。

I never forget the ritual.
儀式は忘れない。

And never forget to appreciate Otto Wagner's masterpiece.
オットー・ワーグナーの名作を愛でるのも忘れない。