Posts

Showing posts from 2020

MEDELLIN MARRIOTT HOTEL PART1

Image
This is my home in Medellín. Upon check-in at the front desk, a drug detection dog came to sniff me, as if it was an initiation for a guest who just arrived at the city once known as the capital of drug dealing. The hotel gave me a spacious, light-filled Executive Suite with floor-to-ceiling windows.
ここがメデジンでの家。フロントデスクでチェックインをする時、麻薬探知犬が近寄ってきて僕の匂いを嗅いだ。それは、かつて麻薬取引の首都だった街へ到着した人間へのイニシエーションのようなもの。用意してくれた部屋はなかなか広いエグゼクティブスイートで、フルハイトの窓から光がよく入る。

RTW2-4: MY FIRST NEO

Image
The fourth leg of my third RTW trip. I'm flying to Medellín, which once was the home of the Medellín Cartel funded by drug baron Pablo Escobar and known as the most dangerous city in the world, on an Avianca flight. Luckily I can fly on an A321neo today. This is my first time flying on the A320/321neo series.
3度目の世界一周の第4レグ。麻薬王パブロ・エスコバルが創設したメデジン・カルテルのかつての本拠地で、当時は世界で一番危険な都市として知られていたメデジンまでアビアンカの便で飛ぶ。運がいいことに、このフライトはA321neoによる運航。A320/321neoシリーズで飛ぶのは初めて。

Landed at José María Córdova International Airport in Medellín. Make no mistake, I was on the neo. Avianca A321neo BOG-MDE The 773rd flight in my lifetime.
メデジンのホセ・マリア・コルドバ国際空港に到着。乗ってきたエアバスは間違いなくneoだった。アビアンカ A321neo BOG-MDE。生涯773フライト目。

EL DORADO

Image
The international airport of Bogotá, which is the main hub of the Colombian national flag carrier Avianca, has an attractive name: El Dorado.
コロンビアのナショナルフラッグキャリア、アビアンカのメインハブであるボゴタの国際空港は、エルドラド(黄金郷)という魅力的な名前を持っている。


I spent some time in a spacious Avianca lounge for domestic flights before flying to Medellín.
メデジンへ飛ぶ前に、広々としたアビアンカの国内線用ラウンジで時間をつぶす。

A quick bird-watching at the gate area. This is an A330-200 operated by Evelop Airlines, a Spanish charter carrier.
ゲートエリアでクイックなバードウォチングを。こちらはスペインのチャーターエアライン、エヴェロップエアラインズのA330-200。

Followed by an unmarked A320 operated by Colombian low-cost Viva Air Colombia formally known as VivaColombia.
続いて、以前はビバ・コロンビアと呼ばれていたコロンビアのLCC、ビバ・エア・コロンビアが運航する無印のA320。

UBERING AROUND THE COLOMBIAN CAPITAL

Image
Bogotá doesn't have subway or metro rail systems. They have TransMilenio BRT services and regular city buses, but it's tricky to use them. And you can't expect taxi drivers on the streets to understand English. So naturally, I relied on Uber to get around the city. In recent years, app-based rideshare services such as Uber, Lyft, Grab, Gett, and Careem have obviously given me more freedom to explore cities in whichever country I'm visiting.
ボゴタには地下鉄や都市型鉄道がない。トランスミレニオという専用レーンを使ったバス高速輸送システムと通常の路線バスはあるものの、使いにくい。そして、街を流しているタクシードライバーたちが英語を解することは期待できない。ということで、街なかを移動する時は必然的にUberに頼ることになる。近年、Uber、Lyft、Grab、Gett、Careemといったアプリケーションベースのライドシェアサービスが生まれてきたおかげで、どこの国にいても、街歩きをする際の自由度が明らかに広がった。

EATING BOGOTÁ

Image
I found Bogotá is an underrated or undiscovered food city. From simple grilled dishes to the modern takes of traditional Colombian cuisine, they have a rich variety of choices. And whatever I ate, they were fabulous.
ボゴタがかなりのフードシティであることは、まだあまり知られていないかもしれない。シンプルなグリルものから伝統的コロンビア料理の現代的解釈まで、選択肢はたっぷり。しかも、何を食べても美味い。


Among them, my dinner at El Cielo, a modern creative restaurant near the Four Seasons I was staying at, was unforgettable. Their tasting menu was almost like a collection of art pieces. In one instance, I was asked to place my hands over a large vacant bowl, and a server suddenly poured warm molten chocolate on my hands. Then, she prompted me to lick the chocolate off my fingers and palms. So I did. They explained that the course was their version of the Colombian journey. And like any journey, it included sensory experiences.
中でも、泊まったフォーシーズンズの近所にあるモダンでクリエイティブなレストラン「エル・シエロ」でのディナーは強く印象に残っている。彼らのテイスティングメニューは、まるでアート作品のコレクションのよう。そのうちの一皿で、大きめの空のボールの上に両手を置くように言われたのでそうしたら、スタッフが突然温かな液体…

MUSEO DE ARQUITECTURA LEOPOLDO ROTHER, UNIVERSIDAD NACIONAL DE COLOMBIA SEDE BOGOTÁ

Image
I made a courtesy visit to the University City of Bogotá, the flagship campus of the National University of Colombia, and checked out Leopoldo Rother Museum of Architecture. Leopoldo Rother was a German-Colombian architect and urban planner who designed this largest university campus in Colombia. The architecture style here clearly has the influence of Bauhaus, and they call the campus "White City"—interestingly the same nickname as the one for Tel Aviv downtown that has countless numbers of Bauhaus and International Style buildings.
コロンビア国立大学のメインキャンパスであるボゴタ大学都市を表敬訪問し、レオポルド・ローター建築博物館に寄ってみた。レオポルド・ローターは、コロンビア最大の大学キャンパスであるこの大学都市を設計したドイツ系コロンビア人建築家&都市計画家。キャンパスの建築スタイルはバウハウスの影響を明らかに受けていて、人々はここを「白い都市」と呼んでいる。興味深いことにそのニックネームは、バウハウス&インターナショナルスタイルの建築が数え切れないほど集まっているテルアビブのダウンタウンと同じ。

MONSERRATE

Image
The Monserrate Hill is the Senso-ji Temple of Bogotá, and the icon and the biggest tourist attraction of the city. And it has a funicular. So, of course, I climbed up.
ボゴタの浅草寺であるモンセラートの丘はこの街のアイコンで、街最大の観光名所。フニクラがついているので、登ってみないわけにはいかない。


And it was worth doing it.
その価値があった。

LA CANDELARIA PART2

Image
While checking out the International Style with some South American twist, a Latino deco, Spanish Colonial balconies, and fabulous Museo Botero, I enjoyed a cup of great Colombian coffee in a patio.
南米チックなインターナショナルスタイル、ラテンなデコ、スパニッシュコロニアルなバルコニー、そして素晴らしいボテロ美術館を見物。その間に、パティオで最高に美味いコロンビアコーヒーを一杯。

LA CANDELARIA PART1

Image
Under the perfect sky, I strolled around in a sea of colors, which I found in the most vibrant area of downtown Bogotá.
完璧な空の下、ボゴタのダウンタウンで最も楽しげなエリアにある色の海の中を歩く。

FOUR SEASONS HOTEL CASA MEDINA BOGOTÁ PART3

Image
The tasteful decor is just a part of the charm of this place. The most incredible thing about Casa Medina is the hospitality of the staff. It was quite exceptional. I have stayed at many Four Seasonses and other 5 stars around the world, and I can say this place is one of the best, or maybe the very best when it comes to the people. I fell in love with the whole Bogotá city because of this hotel.
いい感じの内装はこのホテルの魅力の一部にすぎない。カサ・メディナの凄さは、スタッフのホスピタリティにある。とにかく、驚くほど素晴らしい。世界の様々な場所でフォーシーズンズやそのほかのファイブスターに何度も泊まってきたが、人的サービスではここは間違いなくトップレベル。もしくは完全にトップ。このホテルのせいで、ボゴタの街全体が好きになってしまった。