TIJUCA NATIONAL PARK PART1

My first leg to Vienna is a KLM flight to Schiphol. This route was once operated by the 747-400 including -400M Combi, and now they use the 777-300ER instead. Today's metal has the ship name Tijuca National Park— a tropical rainforest in Rio de Janeiro.
ウイーンへの第1レグはスキポールへのKLM便。この路線はかつて-400Mコンビを含む747-400で運航されていたが、今は777-300ERが引き継いでいる。今日の機材のシップネームは、リオデジャネイロにある熱帯雨林「チジュカ国立公園」。

And the 777-300ER parks at exact the same spot as its predecessor.
777-300ERの駐機位置は、前任者とまったく同じ。


KLM put B/E Aerospace Parallel Diamond seats into the cabin on their 777s. They are not best-in-class on recent wide-body jets, but KLM crew's acclaimed hospitality can easily cover it.
KLMは777にB/Eエアロスペース製のパラレルダイヤモンドシートを載せている。近年のワイドボディ機では決してベストなシートとは言えないが、そこはKLMならではの素晴らしいホスピタリティでカバー。

Having said that, I kinda like this mini corner table with power ports. KLM B777-300 NRT-AMS. The 758th flight in my lifetime.
とはいえ、パワーポートがついたこのミニコーナーテーブルは気に入っている。KLM B777-300 NRT-AMS。生涯758フライト目。

Comments