Posts

Showing posts from March, 2020

KARL MARX-HOF

Image
A memory of Red Vienna. One of the greatest architectures socialism has created. And one of the longest single residential buildings in the world. I've always wanted to come here. My highlight was passing through one of its arched gateways on a city bus.
赤いウィーンの残像。社会主義が作った最も優れた建築の一つ。そして、世界で最も長い単独の住宅建築の一つ。ずっとここに来てみたかった。ハイライトは、路線バスに乗ってアーチ型ゲートをくぐったこと。

HEURIGER MAYER AM PFARRPLATZ

Image
A meat feast at Heuriger Mayer am Pfarrplatz a.k.a. Beethovenhaus. The house in Vienna suburb Ludwig van Beethoven lived in 1817 has now become a heuriger—the Austrian style tavern run by a winemaker to serve their own wines. Outdoor dining is always pleasant. Freude!
ベートーベンハウスとして知られるホイリゲ、マイヤー・アム・プファールプラッツで肉三昧。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1817年に住んだといわれるウィーン郊外の家が、今ではホイリゲ、つまりワイン生産者が自らのワインを提供するために作ったオーストリア式の居酒屋になっている。外で食べるのはいつだって気持ちがいい。フロイデ!

BADNER BAHN

Image
Luckily I had a chance to take an ivory/blue tram that stands out from regular red+white/gray Vienna tram cars. It's a Badner Bahn train operated by the Wiener Lokalbahnen, which runs between Oper and Baden, a spa town located south of Vienna. When I came to Vienna for the first tie in the 90s, I rode this train all the way to Baden. Its seats have tables and look more like a suburban train rather than an urban tram.
ラッキーなことに、おなじみの赤+白/グレーのウィーンナトラムたちの中で一際目立つアイボリー+青のトラムに乗ることができた。これはオペラ座からウィーンの南にある温泉町バーデンまで走るヴィーン—バーデン地方線の列車で、ウィーン地方鉄道が運行している。90年代に初めてウィーンに来た時は、これに乗ってバーデンまで行ってみた。シートにはテーブルがついていて、都市部のトラムというよりは近郊列車っぽい。

GLORIETTE AT SCHLOSS SCHOENBRUNN

Image
My third time visiting here. The purpose of the visit today is not the overcrowded palace but an apfelstrudel at the terrace of the gloriette.
ここに来るのは3度目。今回の訪問の目的は人でごった返している宮殿ではなく、グロリエッテのテラスで食べるアプフェルシュトゥルーデル。

CAFE CENTRAL REVISITED

Image
Revisited the last cafe I dropped by as a bachelor in 2008. This is a very touristy place. However, its authenticity overrides the touristy feel. That's awesome.
2008年に独身として最後に訪れたカフェを再訪。ここはかなりツーリスティな場所だが、オーセンティシティがツーリスティ感を上書きしている。それが素晴らしい。

MUSEUM REMISE PART4

Image
One of the main features of the museum is the icon of Vienna's underground—the Type U "Silberpfeil (Silver Arrow)". It's the first-gen of Vienna's U-Bahn trains and this particular car was built in 1976 by Simmering-Graz-Pauker. The driver's panel looks quite spartan and practical. Austrian industrial design at its best.
ミュージアムの目玉の一つが、ウィーンの地下のアイコン、タイプU「シルバーアロー」。ウィーンUバーン車両の第一世代で、ここにあるものは1976年にシマーリンク・グラーツ・パウカーによって製造された。運転台は質実剛健。珠玉のオーストリアン工業デザイン。

You can also play with a U-Bahn simulator.
Uバーンシムでも遊べる。

MUSEUM REMISE PART3

Image
Continues to explore the museum. This is a Type M tramcar 4137 built in the late 1920s by Lohner-Werke, a Viennese luxury coach and aircraft manufacturer that was acquired by Bombardier in 1970. Ferdinand Porsche was hired by Lohner in his early career.
ミュージアムの見学を続ける。これは1920年代後期に作られたタイプMのトラムカー、4137。作ったのは、1970年にボンバルディアに吸収されたウィーンの高級馬車&航空機メーカー、ローナー・ヴェルケ。フェルディナント・ポルシェは若い頃、ローナーに勤めていた。

The gallery also has the four-legged beauties. First, a Saurer diesel longnose bus built in 1949.
館内には四つ足たちもいる。まずは1949年もののザウラー製ディーゼル長鼻バス。

This is the six-legged—a handsome Gräf & Stift DD-2FU double-decker bus that was used from 1961 until the mid-1970s.
こちらは六つ足。1961年から70年代中頃まで使われたグラーフ&シュティフト製のダブルデッカーバスDD-2FU。なかなかハンサム。

"A bus from the river"— in 1976, the Reichsbrücke (Imperial Bridge) over the Danube collapsed and dragged an articulated bus into the water. The bus was salvaged, restored, and used again until 1989. And this is the bus.
「川から来たバス」。1976年、ドナウ川にかかるライヒスブリュッケ(帝国橋)が崩落、走っていた連節バスが川に落下した。引…

MUSEUM REMISE PART2

Image
There are more tramcars in the museum. A beautiful Type D 4301 was built by an Austrian manufacturer of automobiles, trucks, buses, and trolleybuses Gräf & Stift, which is now a subsidiary of MAN famous for its buses and trucks.
ミュージアムにはトラムカーがまだまだいる。美しい4301はタイプDで、オーストリアの自動車、トラック、バス、トロリーバスメーカーであるグラーフ&シュティフト製。グラーフ&シュティフトは現在、バスやトラックのメーカーとして有名なMANの子会社。
A Type K tramcar 2380 built by Simmeringer Waggonfabrik in 1912.
1912年にシマーリンク・ワゴン製造会社が作ったタイプKの2380。

A Snowplow railcar Type SP Nr. 6019.
タイプSPの除雪車、6019。

A sidecar Type m3 Nr. 5412 built by Grazer Waggonfabrik in 1929.
1929年にグラーツ・ワゴン製造会社が作ったタイプm3付随車、5412。
The relatively modern Type F. This 746 was built in 1963 by Simmering-Graz-Pauker—currently a part of Siemens.
こちらは比較的モダンなタイプF。この746は、現在はシーメンスの一部になっているシマーリンク・グラーツ・パウカーが1963年に作った。

MUSEUM REMISE PART1

Image
A day to immerse myself into the history of Vienna's public transportation. Wiener Linien, the company running most of the public transit network in the city, turned the former Erdberg tram depot into a fabulous public transport museum.
ウィーンの公共交通機関の歴史に浸る日。この街にある公共交通ネットワークの大部分を運行するウィーナーリニエンは、エルドベルグのトラム車庫を素晴らしい交通博物館に変身させた。

Line 69 connected Südbahnhof, Vienna's largest railway terminal until it was replaced with Wien Hauptbahnhof, with the Central Ring area till the 70s. This is the Type T2 tramcar.
69番は70年代まであった路線で、ウィーン南駅と都心のリングエリアを結んでいた。ウィーン南駅はかつて街最大のターミナル駅だったが、今ではウィーン中央駅に置き換えられている。車両の形式はT2。

The steam tramway locomotive NR. 11 was operated by Dampftramway, Vienna's first steam tramway line, in the late 19th century and the early 20th century.
ウィーンで最初の蒸気トラム線、ダンプトラムウェイが19世紀末から20世紀初頭にかけて運行していた路面機関車NR.11。

A Type Z tramcar 4208 had been used by the Third Avenue Railway System in New York City before it was sold to Vienna. Some of these NYC streetcars came to Vienna after all s…

SPIRIT OF SALZBURG

Image
Traveling back to Vienna on a Bratislava-bound Railjet Xpress train that came from Zurich.
チューリッヒからやってきてブラチスラヴァまで行くレールジェットエクスプレスでウィーンへ帰る。


A late afternoon coffee in a semi-compartment of Business Class. ビジネスクラスのセミコンパートメントで夕方のコーヒー。
Arrived at Wien Hauptbahnhof and found the train I took has the name "Spirit of Salzburg." Nice. It also has the logo of Deutsche Bahn and the Eastern bloc-ish logo of MÁV START—the passenger service of Hungarian State Railways. Truly international.
ウィーン中央駅に着いたら、乗ってきた列車に「スピリット・オブ・ザルツブルク」という名がついていることに気づいた。素敵。ドイチェ・バーンのロゴと、ハンガリー国鉄の旅客サービス部門であるMÁV STARTの東側風情なロゴもついていて、実に国際的。