Posts

Showing posts from June, 2020

MONSERRATE

Image
The Monserrate Hill is the Senso-ji Temple of Bogotá, and the icon and the biggest tourist attraction of the city. And it has a funicular. So, of course, I climbed up.
ボゴタの浅草寺であるモンセラートの丘はこの街のアイコンで、街最大の観光名所。フニクラがついているので、登ってみないわけにはいかない。


And it was worth doing it.
その価値があった。

LA CANDELARIA PART2

Image
While checking out the International Style with some South American twist, a Latino deco, Spanish Colonial balconies, and fabulous Museo Botero, I enjoyed a cup of great Colombian coffee in a patio.
南米チックなインターナショナルスタイル、ラテンなデコ、スパニッシュコロニアルなバルコニー、そして素晴らしいボテロ美術館を見物。その間に、パティオで最高に美味いコロンビアコーヒーを一杯。

LA CANDELARIA PART1

Image
Under the perfect sky, I strolled around in a sea of colors, which I found in the most vibrant area of downtown Bogotá.
完璧な空の下、ボゴタのダウンタウンで最も楽しげなエリアにある色の海の中を歩く。

FOUR SEASONS HOTEL CASA MEDINA BOGOTÁ PART3

Image
The tasteful decor is just a part of the charm of this place. The most incredible thing about Casa Medina is the hospitality of the staff. It was quite exceptional. I have stayed at many Four Seasonses and other 5 stars around the world, and I can say this place is one of the best, or maybe the very best when it comes to the people. I fell in love with the whole Bogotá city because of this hotel.
いい感じの内装はこのホテルの魅力の一部にすぎない。カサ・メディナの凄さは、スタッフのホスピタリティにある。とにかく、驚くほど素晴らしい。世界の様々な場所でフォーシーズンズやそのほかのファイブスターに何度も泊まってきたが、人的サービスではここは間違いなくトップレベル。もしくは完全にトップ。このホテルのせいで、ボゴタの街全体が好きになってしまった。

FOUR SEASONS HOTEL CASA MEDINA BOGOTÁ PART2

Image
Every morning, I start a day with breakfast served in a light-filled restaurant that has a large living wall and looks like a conservatory. Colombian breakfast dishes such as calentao—beans and jambalaya-like rice accompanied by a fried egg—and arepas—traditional cornbread—are my new favorite. I wish the diners in the US would offer these menus.
大きなリビングウォールがある、光にあふれた、温室のようなレストラン。毎日、ここでの朝食とともに一日を始める。ジャンバラヤ風のライスに豆を添えて目玉焼きを載せたカレンタオや、伝統的なコーンブレッドのアレパなど、コロンビア式朝食メニューはかなり気に入った。アメリカのダイナーでも出してくれるといいのに。

FOUR SEASONS HOTEL CASA MEDINA BOGOTÁ PART1

Image
Interestingly, Bogotá has two Four Seasonses within walking distance of one another. And I chose the Casa Medina, which uses a 1946 building and has a classic hotel feel. They gave me a lovely Executive Suite with a real fireplace, a room-like oversized walk-in closet, and a spacious bathroom. This cozy corner room can be an ideal base for me while exploring the unknown city.
興味深いことにボゴタにはフォーシーズンが二つあり、一つのフォーシーズンズからもう一つのフォーシーズンズへ歩いて行ける。今回僕が選んだのは、1946年に作られた建物を使った、クラシックホテルの風情があるカサ・メディナのほう。ホテルは、本物の暖炉と、部屋のように大きなウォークイン・クローゼットと、広々としたバスルームを持つエグゼクティブスイートを用意してくれた。この角部屋はとても居心地が良く、初めての街を探検する時の基地として理想的。

RTW2-3: CROSSING THE POND PART2

Image
Nap time over the Atlantic.
大西洋上で昼寝の時間。

I'm back in South America after a long long time.
実に久しぶりに南米に帰ってきた。

Another house joins my collection. No. 68—my 28th house.
またをもらう。68番。僕のコレクションでは28軒目。

Approaching Bogotá.
ボゴタへ近づく。

Landed at El Dorado International Airport and I was surrounded by some exotic birds such as A320s of JetBlue Vacations and Viva Air Colombia, and a 737-800 of Bogotá-based low-cost Wingo. Colombia is my 73rd country visited (if I count pre-reversion Hong Kong and Macau in).
エル・ドラド国際空港にランディング。周囲にはジェットブルー・バケーションズとビバ・エア・コロンビアのA320、ボゴタがハブのLCCであるウィンゴの737-800など、エキゾチックな鳥たちがいる。返還前の香港とマカオを含めると、コロンビアは僕にとって73か国目の訪問国。

RTW2-3: CROSSING THE POND PART1

Image
The third leg of my third RTW trip: KLM's 789 Dreamliner to Bogota. Its ship name is Bougainvillaea/Bougainville. I'm flying over the pond slightly towards the south. Colombia, here I come!
3度目の世界一周の第3レグは、KLMのボゴタ行き789ドリームライナー。シップネームはブーゲンビリア。大西洋を少しだけ南に向かって越える。さあ、コロンビアへ。


I took 8K. Because no one will kick the back of this Zodiac Cirrus reverse herringbone seat.
シートは逆ヘリンボーンのゾディアックサイラス。背中を蹴られることがない8Kを確保。


More food. Of course, with some cheese. Airlines keep feeding me. So I don't have to eat on the ground. KLM B787-9 AMS-BOG. The 772nd flight in my lifetime.
またしてもミール。当然チーズつき。機内食を与えられ続けているので、地上で何かを食べる必要がない。KLM B787-9 AMS-BOG。生涯772フライト目。

KLM NON-SCHENGEN CROWN LOUNGE AT SCHIPHOL (3)

Image
I dropped by my favorite lounge early in the morning. This place is usually very busy, but it has a relaxed atmosphere at this time of the day. I had one cup of morning coffee before starting my Atlantic crossing.
朝早くからお気に入りのラウンジへ。ここはいつ来ても大混雑。でも、この時間帯ならまだゆったりとした空気が流れている。大西洋横断へ向かう前にモーニングコーヒーを一杯。

AN EVENING SPRINTER

Image
Going back to Schiphol from Amsterdam Centraal—one of the most iconic railway stations in the world—on a Sprinter train operated by Nederlandse Spoorwegen. The service uses the Sprinter New Generation (SNG) EMU built by Spanish rail vehicle manufacturer CAF. The SNG is based on CAF's Civity platform for regional passenger trains, which is similar to the models like the Stadler FLIRT, Bombardier Talent, and Siemens Desiro.
世界で最もアイコニックな鉄道駅の一つであるアムステルダム中央駅から、オランダ鉄道のスプリンターサービスでスキポールへ戻る。この列車が使っているのは、スペインの鉄道車両メーカーCAFが作ったスプリンターニュージェネレーション(SNG)電車。SNGは、シュタッドラーFLIRTボンバルディア・タレントシーメンス・デジロなどに似た、CAFの地域旅客列車向けシビティ・プラットフォームをベースに設計されている。