Posts

BREST-TSENTRALNY RAILWAY STATION

Image
They surely know how to light up a Stalinist railway station building. It's time to go back to Minsk.
スターリン様式の駅舎をどう照らせばいいか、とてもよくわかっている感じ。ミンスクへ戻る時間が来た。

Today's dinner: Station meal.
今夜のディナーは駅メシ。

BREST TWILIGHT

Image
Brest at dusk. I enjoyed natural and artificial lights in this historic border town.
暮れなずむブレスト。歴史ある国境の街の、自然の光と人工の光を楽しむ。

TAKING A WALK IN BREST

Image
Why do Ferris wheels in the Eastern Bloc look so attractive?
イースタンブロックにある観覧車はみんな、何でこんなに魅力的なのだろう?

BREST RAILWAY MUSEUM PART2

Image
Continuing to explore the museum and its Soviet rolling stocks. This is the freight steam locomotive class L nicknamed "Swan".
博物館に展示されている車両の見学を続ける。こちらは「白鳥」というニックネームがついたL型貨物用蒸気機関車。

The mainline diesel locomotive class TE3. Like the Tep 60, this two-unit style loco was built by Kolomensky Zavod.
TE3型幹線用ディーゼル機関車。2車体式のこの機関車は、Tep 60同様にコロメンスキー・ザヴォート社製。

Diesel three brothers. Left: the double-engined 2Te109 for heavy freight trains. Center: the M62 also for heavy freight trains. Right: another Tep60 with a different color scheme.
ディーゼル3兄弟。左:ダブルエンジン搭載、重量級貨物列車用の2Te109。中央:こちらも重量級貨物列車用のM62。右:違うカラースキームを持った別のTep60。

Stunning design. The narrow gauge diesel locomotive TU2. They say many children's railways use them and I actually saw one of them at Yerevan's children railway.
素晴らしいデザイン。ナローゲージ用ディーゼル機関車TU2。多くの子ども鉄道でも使われているらしく、実際にエレバンの子ども鉄道で見かけたことがある

The railroad speeder AS1A. Looking cute with pleated curtains.
モーターカーAS1A。プリーツカーテンがキュート。

BREST RAILWAY MUSEUM PART1

Image
I found a nice fun spot in front of Brest Fortress—the first outdoor railway museum in Belarus, They have a lot of "starred" Soviet locomotives.
ブレスト要塞の前で楽しいスポットを発見。ベラルーシ初の屋外鉄道博物館。ソビエトの「星付き」機関車たちがいっぱいいる。

The freight steam locomotive class FD named after Felix Dzerzhinsky—a Soviet revolutionary and politician.
こちらは、ソビエトの革命家&政治家、フェリックス・ジェルジンスキーにちなんで名付けられたFD型貨物用蒸気機関車。

The cool-looking mainline passenger steam locomotive class P36. Its maximum speed is 125 km/h.
とてもクールなP36型幹線旅客用蒸気機関車。最高速度時速125キロ。

And the passenger diesel locomotive Tep 60 built by Kolomensky Zavod with a history over 150 years.
そしてこちらは、150年以上の歴史があるコロメンスキー・ザヴォート社製の旅客用ディーゼル機関車Tep 60。

BREST FORTRESS PART3

Image
Strolling in the fortress thinking about the early summer of 1941.
1941年の夏のはじめを想像しながら、要塞の中を歩く。

BREST FORTRESS PART2

Image
I had a 7.5-hour round trip on the train just to see these guys.
この男たちに会うためだけに、往復7.5時間の列車の旅をした。

BREST FORTRESS PART1

Image
Visiting Brest Fortress—the main attraction of Brest. In 1941, when Nazi Germany started to invade the Soviet Union, this fortress was attacked without warning. They say the battle lasted for 32 days and about 2000 Soviet soldiers were lost. Later Brest Fortress became a symbol of Soviet resistance, and the title Hero Fortress was given along with 12 Hero Cities including Minsk.
ブレストのメインコンテンツ、ブレスト要塞を訪問する。1941年、ナチスドイツがソビエト連邦への侵略を開始した際、この要塞は警告なしに攻撃された。戦いは32日間続き、およそ2000人のソ連兵が命を落としたと言われている。のちにブレスト要塞はソビエトの抵抗のシンボルとなり、ミンスクを含む12の「英雄都市」とともに「英雄要塞」の称号が与えられた。

LUNCH AT HERMITAGE HOTEL

Image
Dropped in at Hermitage Hotel in Brest city center for lunch. It seems that this 4-star is the best hotel in the city. They say it opened in 2011, but it nicely recreates the feel of a small old-fashioned European grand hotel.
ランチのために、ブレストの街の中心にあるハーミテージホテルに立ち寄る。この4つ星は、どうやらこの街一番のホテルらしい。できたのは2011年だそうだが、ヨーロッパの古き良き小さなグランドホテルの雰囲気をうまく再現している。


Their bar is cozy and serves fabulous dishes.
居心地の良いバー。素晴らしい料理が出てきた。

TRAIN 051B ZVEZDA PART4

Image
I survived a 4-hour ride on a hard seat and arrived at Brest-Tsentralny railway station. Now I say good-bye to the ChS4T electric locomotive, built by Škoda Works in Czech, that took me here.
硬いシートの上での4時間をなんとか乗り切り、ブレスト中央駅に到着。ここまで連れてきてくれた、チェコのシュコダ・ワークス製ChS4T電気機関車にさよなら。



For the train geeks, Brest is known as a point for train regauging. The 1,520 mm Russian/CIS track gauge meets the 1,435 mm European standard gauge (same as Japan's Shinkansen tracks) at this station. There is a special site for bogie exchange of trains near the main station building.
鉄道マニアなら、ブレストがゲージ変更ポイントであることを知っているだろう。ロシア&CISで使われている1,520mmの広軌と、ヨーロッパで使われている1,435mmの標準軌(日本の新幹線軌道と同じ)がこの駅で出会う。駅舎の近くには台車交換用の特別な設備もある。