Posts

MINSK PRAYS FOR HIROSHIMA, NAGASAKI, AND FUKUSHIMA

Image
Exploring pre-Soviet Minsk. This is restored Belarusian Greek Catholic Church of the Holy Spirit at Freedom Square.
ソビエト以前のミンスクを見て回る。これは自由広場にある、修復されたベラルーシ東方典礼カトリック聖霊教会。

And the old Minsk City Hall under rare blue skies. It was accurately reconstructed to bring back its appearance in the 18th century.
珍しく現れた青空に向かってそびえる旧ミンスク市庁舎。18世紀の頃の姿を再現するために、正確に再建された。

Church of Saints Simon and Helena built in 1910 on Independence Square.
独立広場にある聖シモン・聖エレーナ教会。1910年に完成。

There is the Monument to the Bell of Nagasaki right next to the church. The plaque on the monument says...
教会のすぐ横には長崎の鐘のモニュメントが置かれていて、その銘板を見ると・・・

...“We buried a capsule that contains soils of Hiroshima, Nagasaki, and Fukushima here.” It is said that Belarus was most severely affected by the Chernobyl disaster in 1986. It's quite impressive to see they included Fukushima along with two atomic-bombed cities.
「ここに広島、長崎、福島の土を入れたカプセルが埋められている」とあった。ベラルーシは1986年のチェルノブイリ原発事故で最も影響を受けた国と言われている。原爆が投下された2つの都市とともに福島が入っているのがとても印象的。

MINSK APARTMENTS

Image
Design-wise they are much more attractive than Tokyo's high-rise apartments. I want to have a room in one of them.
デザインの面では東京のタワマンよりはるかに魅力的。どれかに一部屋持ってみたい。

GASTRO EXPERIENCES IN MINSK

Image
Long before Soviet came here, Belarus was a part of the Polish–Lithuanian Commonwealth. Then it was acquired by the Russian Empire. They say the Belarusian nobility of that time brought dishes from Italian, German, and French cuisines. The complicated history and a mixture of food cultures eventually created amazingly tasteful dishes such as lazanki—a Belarusian type of pasta. Some online article says "if you're looking for a truly insanely delicious meal, Belarus will not disappoint." I totally agree.
ソビエトがやってくるはるか前、ベラルーシはポーランド・リトアニア共和国の一部だった。そしてそののちにロシア帝国支配下に置かれた。当時の貴族たちは、この地にイタリア、ドイツ、フランス料理を持ち込んだと言われている。複雑な歴史と食文化の交わり。それが結果的に、ベラルーシ版パスタであるラザンキのような、驚くほど美味い料理を生み出した。とあるオンライン記事は言う。「めちゃくちゃに美味しい料理を食べたいなら、ベラルーシはきっと期待に応えるだろう」まったく同感。

THE BELARUSIAN STATE MUSEUM OF THE HISTORY OF THE GREAT PATRIOTIC WAR PART3

Image
I found a DC-3 is sitting in the museum garden...
博物館の庭にDC-3がいるのが見えたが・・・


But wait...this is not the DC-3 or its military version C-47. This is the Lisunov Li-2, a license-built Soviet-version of the Douglas DC-3. The Li-2 can do anything from passenger services to bombing. A real workhorse.
おっと、これはDC-3でも、その軍用機バージョンのC-47でもない。これはソビエトによるダグラス DC-3のライセンス生産バージョン、リスノフ Li-2。旅客輸送から爆撃まで何でもこなす、真の働き者。

THE BELARUSIAN STATE MUSEUM OF THE HISTORY OF THE GREAT PATRIOTIC WAR PART2

Image
I entered the exhibit hall of the museum and found myself greeted by some warbird replicas.
博物館の展示ホールに入ったら、そこには様々な軍用機のレプリカが。

The Polikarpov I-16, a Soviet single-engine single-seat fighter aircraft.
ソビエトの単発単座戦闘機、ポリカールポフI-16。

An enemy plane. The Messerschmitt Me 109—basically the same aircraft as the Bf 109.
敵機、メッサーシュミットMe 109E。基本的にBf 109と同じ機体。

The Polikarpov Po-2 a.k.a. U-2, a multi-purpose Soviet biplane which was used by "Night Witches"—all female military aviators of the 46th "Taman" Guards Night Bomber Aviation Regiment.
ポリカールポフPo-2、またの名をU-2。女性飛行士だけが集められた第46「タマン」親衛夜間爆撃航空連隊、通称「夜の魔女」も使った、ソビエトの多目的複葉機。

The Yakovlev Yak-9T, one of the main Soviet fighter planes during World War II.
ソビエトの主力戦闘機の一つとして第二次大戦で闘ったヤコヴレフYak-9T。

THE BELARUSIAN STATE MUSEUM OF THE HISTORY OF THE GREAT PATRIOTIC WAR PART1

Image
Today, I learn from history under the hammer, sickle, and gloomy skies.
今日は、鎌と槌と暗い空の下で、歴史から学ぶ。

A RHOMBICUBOCTAHEDRON

Image
Checking out a masterpiece of post-Soviet Belarusian architecture. The National Library of Belarus, built in 2006, has the shape of a rhombicuboctahedron. This post-modern glass diamond is located across the street from apartment towers with Soviet mosaic murals and has become a landmark of Minsk.
ポストソビエト時代におけるベラルーシ建築の傑作、斜方立方八面体の構造を持ったベラルーシ国立図書館を見学。2006年に完成したこのポストモダンなガラスのダイヤモンドは、ソビエト式モザイク壁画つきアパートメントタワー群の道をはさんだ向かい側にあり、ミンスクのランドマークになっている。

Knowledge is as precious as a diamond.
知は、ダイヤモンド。

TRACES OF SOVIET MINSK: MINSK-1 AIRPORT OLD TERMINAL BUILDING

Image
Another highlight of my tour in Minsk to look for the traces of the USSR: defunct old Minsk Airport in the city center known as Minsk-1 Airport that has IATA code MHP. Current Minsk National Airport (IATA code MSQ) I've landed at is called Minsk-2. The old terminal building which looks like a railway station is still here with the dignity of a shrine of Soviet aviation.
USSRの残り香をたどるミンスクでの街歩き。そのもう一つのハイライトがここ。IATAコードがMHPのミンスク1空港として知られる、町の中心部にある閉鎖された古いミンスク空港。僕が降りた、IATAコードMSQを持つ現在のミンスク・ナショナル空港はミンスク2空港と呼ばれる。跡地には、ソビエト航空界の神殿としての威厳をまとった、鉄道駅のような旧ターミナルビルがいまだに残されている。

Mini "Gates of Minsk" in front of the Minsk-1 Airport terminal.
ミンスク1空港ターミナルの前にある、「ミニ・ミンスクの門」。

TRACES OF SOVIET MINSK: APARTMENT, CINEMA, AND CIRCUS

Image
A mountain range of 1970s Soviet apartments. Pretty impressive. It's on Nyamiha Street and near a socialist KFC.
70sなソビエトアパートメントの「山脈」。かなり凄い。社会主義KFCの近くのニャミーハ通りで。

The Pink Palace of Minsk, Pobeda (Victory) Cinema. Built in 1950.
ミンスクの「ピンクパレス」、ポベダ(勝利)シネマ。1950年もの。

This is where Soviet kids had fun. Belarusian State Circus.
ソビエトキッズを楽しませた場所。ベラルーシ国立サーカス。

TRACES OF SOVIET MINSK: CINEMA MOSCOW AND POBEDITELEY AVENUE

Image
Cinema Moscow built in 1980. God is in the detail. Soviet modernism at its best.
1980年もののシネマモスクワ。神が細部に宿っている。見事なソビエト・モダニズム。

The building sitting next to the dome of Ice Skating Rink is Minsk Sports Palace built in the 1960s. It is also used as a concert venue now.
アイススケートリンクのドームの隣にあるのは、1960年代に作られたミンスクスポーツパレス。今はコンサート会場としても使われている。

3-star Hotel Yubileiny Minsk that has a typical Intourist-hotel-like appearance. The hotel is the same age as me.
典型的なインツーリストホテル的外見を持った、3スターのホテルユビレイニーミンスク。僕と同い齡。