Posts

RTW2-5: FLYING WITH THE CEO

Image
The fifth leg of my third RTW trip. I'm flying back to Bogotá El Dorado in a front-row seat on Avianca's A321. I could take the A321neo when I flew into Medellín, but my return flight uses the ceo (current engine option). The seats are also different, and this ceo has the typical classic recliner.
3度目の世界一周の第5レグ。アビアンカのA321の最前列に座ってボゴタ・エルドラドへ戻る。メデジンへの往路ではA321のneoで飛んだが、復路便はceo (current engine option)バージョン。シートも違っていて、こちらはよくあるクラシックなリクライナーを搭載。

Arrived at El Dorado and found a beautiful retro Avianca A320 at a nearby gate. I think its 100th-anniversary logo on the tail could be much smaller, though. Avianca A321 MDE-BOG The 774th flight in my lifetime.
エルドラドに着いたら、近くのゲートにアビアンカの美しいレトロ塗装をまとったA320がいた。垂直尾翼の100周年ロゴはもっと小さい方が良いと思うが。アビアンカ A321 MDE-BOG。生涯774フライト目。

JOSÉ MARÍA CÓRDOVA INTERNATIONAL

Image
Doing bird-watching from the Avianca lounge at José María Córdova International, Medellín's main international airport. It's another wonderful day to fly.
メデジンのメイン国際空港、ホセ·マリア·コルドバ空港にあるアビアンカのラウンジでバードウォッチング。今日もフライトには最高の日。

An Embraer ERJ-145 of SARPA (Servicios Aéreos Panamericanos), a Colombian charter operator, taxiing down.
コロンビアのチャーターオペレーター、SARPAのエンブラエルERJ-145がタキシー。

Viva Air Colombia A320 appears. This time with full color.
ビバ・エア・コロンビアのA320が、今回はフルカラーでやってきた。

LATAM Colombia's A319 still wearing an old LAN livery follows.
旧LAN塗装のままで飛んでいるLATAMコロンビアのA319が続く。

COMUNA 13 PART3

Image
It is said violence is still a big issue here in Comuna 13. However, I felt positive vibes on the streets here and there. I dropped by a small cafe while going down the hill to buy ice cream, and a local lady working there gave me a beautiful welcoming smile. It was unforgettable.
コミュナ13では今もまだ暴力が大きな問題として残っている。でも路上のそこここでポジティブなバイブスを感じることができた。丘から降りてくる途中でアイスクリームを買うために小さなカフェに立ち寄ったのだが、そこで働く地元の女性が向けてくれた笑顔が忘れられない。

COMUNA 13 PART2

Image
The faces of revived Comuna 13. They say the local government has been actively involved in the recruitment of artists to paint murals and has also sponsored them by providing them with the monetary funds. You can check out the works of some artists on their Instagram accounts.
生まれ変わったコミュナ13を象徴する顔たち。ミューラルを描くアーティストたちの発掘には地方自治体が積極的に関わってきた。自治体はアーティストのスポンサーとして資金援助も行っているらしい。一部のアーティストの作品は、彼らのインスタグラムアカウントでも見ることができる。

COMUNA 13 PART1

Image
Approaching Communa 13, a neighborhood on the western fringe of Medellín, on a public colectivo.
公共コレクティーボに乗ってメデジンの西の端にあるコミュニティ、コミュナ13へ向かう。

Here I am.
到着。

Comuna 13 is a symbol of Medellín's urban transformation. The community used to be one of the most dangerous and roughest areas in the city as the center for gang and drug trafficking activities. In 2011, the government installed the sets of outdoor escalators to improve access for the residents, then things begun to change. Now the area is known for colorful murals by local artists and street performances and has become the main tourist destination in Medellín. You can find a variety of cafes and souvenir shops, too.
コミュナ13はメデジンの都市再生のシンボル。このコミュニティはかつてギャングの活動や麻薬取引の中心地で、街で最も治安が悪い危険な場所の一つだった。しかし2011年に政府が住民の足として複数の屋外エスカレーターを設置すると、地域に変化が起き始める。今では、地元のアーティストが描いたカラフルなミューラルやストリートパフォーマンスで知られる、メデジンの観光名所になった。カフェや土産物屋もたくさん建ち並んでいる。

Let's start exploring it.
探索開始。

METROCABLE DE MEDELLÍN LÍNEA J

Image
I changed from Metro Line B to Metrocable Line J at San Javier Station to enjoy another "walk in the sky."
サンハビエル駅でメトロB線からメトロカブレJ線に乗り換えて、再び空中散歩へ。



Line J flies over the western residential area of Medellín. A relaxing ride with a local resident.
J線はメデジンの西側にある住宅地の上を行く。地元の人との、のんびりとした空の旅。

The last stop of Line J is La Aurora—a station in the middle of apartment complexes on the steep hill. I have nothing to do here other than looking down the city. Shall I go back?
J線の終点は、険しい丘の上に並ぶアパート群に囲まれたラ・アウロラ駅。ここでは街を見下ろす以外にすることがない。さて、戻ろうか?

EL POBLADO

Image
El Poblado area is Medellín's uptown with a completely different character from the one of El Centro. In the heart of the area, I had a pleasant lunch at the terrace of Hotel Dann Carlton (not a Ritz-Carlton)—another 5-star near the Marriott I'm staying at.
エル・ポプラドはメデジンのアップタウンで、エル・セントロとはまったく違うキャラを持っている。その真ん中にそびえるホテル・ダン・カールトン(リッツ・カールトンではない)のテラスで気持ちの良いランチタイム。僕が泊まっているマリオットの近所にあるこのホテルは、同じく5スター。



In the evening, I strolled around the restaurant rows on the hillside of El Poblado to look for a place to have dinner. The streets are vibrant, fun, and energetic, with a lot of dining options. And most importantly, it feels safe. I found Medellín nightlife is something between South Beach and Bangkok.
夜。ディナーをとる場所を見つけるために、エル・ポプラドのヒルサイドにあるレストランロウを歩き回る。ここは活気とエネルギーにあふれ、あらゆる種類のレストランやバーが見つかる楽しいエリア。何より重要なこととして、安全な感じがする。メデジンの夜は、なんとなくサウスビーチとバンコクの中間といった雰囲気。

EL CENTRO PART2

Image
I walked inside Plaza Botero that has a lot of chubby sculptures by Colombian artist Fernando Botero...
コロンビア人アーティスト、フェルナンド・ボテロによる太っちょの彫刻がたくさん並んだボテロ広場を歩いてから・・・



...then checked out Hotel Nutibara designed by African American architect Paul R. Williams whose portfolio includes the renovation of Beverly Hills Hotel. Unfortunately, this historic grand hotel, which opened its doors in 1945, has lost its glory these days. The hotel lobby and front desk area didn't look well-organized, and I even couldn't find a decent lounge where I can have a coffee inside the hotel.
ビバリーヒルズホテルのリノベも担当したアフリカ系アメリカ人建築家、ポール・R・ウィリアムズが手掛けたホテルヌティバラを見学。1945年にできたこの歴史あるグランドホテルは、残念ながらかつての輝きを失ってしまった感じ。ロビーやフロントデスクエリアは雑然としていて、ホテルの中ではコーヒーが飲めるちゃんとしたラウンジさえ見つからなかった。

EL CENTRO PART1

Image
I asked a hotel limo driver who is a local if Medellín is now safe enough to walk around. He told me it's safe overall wherever I go. However, he added, "Personally I'm not a big fan of downtown." So here I am in El Cento—the central downtown and commercial/business district of Medellín. There are some attractive modern architectures in this area, but this is not a place I like to stay for a long time. It feels a bit sketchy.
「メデジンはもう、どこを歩いても安全になった?」と、地元の人であるホテルカーのドライバー氏に尋ねたところ、「どこへ行っても問題なし」との答え。しかし彼は一言だけ付け加えた。「とはいえ個人的には、ダウンタウンはあまり好きではないな」。ということで、メデジンのダウンタウンの中心地、商業&ビジネスエリアであるエル・セントロにやってきた。興味深い近代建築がいくつかあるものの、ここは長居する場所じゃない。なんとなく、まずい感じがする。

METROCABLE DE MEDELLÍN LÍNEA L PART2

Image
I go down the mountain taking a returning gondola. Metrocable Line L may be one of the most amazing public transportations when it comes to the views it offers.
復路のゴンドラに乗って山を下る。窓からの眺めという点では、メトロカブレL線は世界で最も素晴らしい公共交通機関の一つだろう。