Posts

Showing posts from July, 2015

TRITON NIGHT

Image
This evening, Ginza Fukko Bar hosts Triton Night to promote Triton Project . And the Creative Team (with Hinako and Gino ) of the project wears Triton-T that has the project logo designed by Gino. 今夜の 銀座復興バー は TRITON PROJECT をプロモートするTRITON NIGHT。プロジェクトのクリエイティブチーム(ヒナコ& ジーノ と)も、ジーノがデザインしたプロジェクトのロゴがついたTシャツを着用。 Catch of the day: Silver salmons from Onagawa, sea squirts from Tanigawahama on the Oshika Peninshula , and scallops from Utatsu in Minami Sanriku. All of them were delivered by the fishermen of Triton Project. 本日のおすすめ:女川の銀鮭。 牡鹿半島 は谷川浜のホヤ。そして南三陸・歌津の帆立。すべてTRITON PROJECTの漁師のみなさんから届いたもの。 Kenya (left) and Yoshi (right) enjoy sea squirts. ホヤを食べる ケンヤ(左)とヨシ(右) 。 Makigumi 's Art Director Hinako is busy in the bar counter but never forgets to promote the project. カウンターの中で忙しい 巻組 のアートディレクター、ヒナコ。でもプロジェクトの宣伝は忘れない。

THE TOKYO DEBUT OF MAKIGUMI AND TRITON PROJECT

Image
Following the event at Watteras Common , the second announcement event for Ishinomaki Stand Up Week 2015 was held at the c , a shared house and office in Kanda. This evening the event features people who moved to Ishinomaki after the city was hit by the 311 tsunami in 2011. ワテラスコモンでのイベント に続き、 石巻Stand Up Week 2015 を紹介するイベントの第2回目が神田のシェアハウス&オフィス 「the c」 で開かれた。今夜の主役は、2011年の震災の後に石巻へ移住した人たち。 The first speaker was Yukina-san from Fisherman Japan . She moved to Ishinomaki when she was 19 years old as a volunteer. 最初のスピーカーは、 Fisherman Japan の 幸奈さん 。彼女は19歳の時にボランティアとして石巻に移住した。 And Kyoko-san, President and CEO of Makigumi , introduced Triton Project —a collaborative project by Makigumi and Fisherman Japan— and her company. 巻組 の社長&CEOである亨子さんは、巻組とFisherman Japanの協働プロジェクト 「TRITON PROJECT」 と、自らの会社を紹介。 Makigumi and Triton made their Tokyo debut at this event. They got positive reactions from the full house audience. このイベントは、巻組とTRITONにとって東京でのデビューの場になった。会場を埋め尽くした観客のみなさんからの反応は上々。

TOO BAD

Image
Flying back to Haneda. Delta's renovated Sky Priority check-in area at Sea-Tac looks neat. 羽田へ戻る。シータックにあるデルタのスカイプライオリティ・チェックインエリアは、なかなかいい感じにリノベされた。 Delta will give up this Seattle-Haneda route and there will be no more flights after the end of September. Too bad Delta will lose one of their precious Haneda slots. I hope they will bring this route back once Haneda's daytime slots are adequately given to US carriers. デルタはこのシアトルー羽田線の運航を諦め、9月末に撤退する。貴重な羽田のスロットの一つをデルタが失うのは実に残念。羽田の昼間のスロットが米系キャリアに適切に配分されるようになったら、ぜひ復活させて欲しい。 Alaska's 737s are making a parallel landing next to our 767. 僕が乗る767の横で、2機のアラスカの737がパラレルランディング。 Taking off on RWY 34R in beautiful Northwest crepuscular rays. Delta B767-300 SEA-HND. The 642nd flight in my lifetime. 美しいノースウエストのレンブラント光線の中、ランウェイ34Rからテイクオフ。デルタ B767-300 SEA-HND。生涯642フライト目。

A NICE DAY TO WALK AROUND SEATTLE

Image
Exploring unfamiliar places. Then coming back to a familiar place . 行ったことのない場所に行ってみる。そして、 いつもの場所 に帰ってくる。

COFFEE WITH SEAPLANES

Image
Coffee time viewing Canadian-built seabirds at Lake Union Park adjacent to Kenmore Air Harbor Seaplane Base. This base is an international airport whose IATA code is LKE and has scheduled flights to Victoria, Canada. ケンモアエア ・ハーバーシープレーンベースの隣にあるレイクユニオンパークで、カナダ製の海鳥たちを眺めながらコーヒータイム。この水上機基地はLKEというIATAコードを持った国際空港で、カナダの ビクトリア への定期便が出ている。

GAS WORKS PARK

Image
A gorgeous day in Seattle. Taking a walk in Gas Works Park. This is a nice place to visit for "factory- moe " people who are infatuated with the aesthetics of industrial factories. シアトルは快晴。ガスワークスパークを散歩する。「工場萌え」の人は、ここに来るべき。

HOTEL 1000

Image
This time I chose Hotel 1000, a highly-reputed downtown hotel, as my home in Seattle. 今回シアトルでの家として選んだのは、ダウンタウンにある評判の高い「ホテル1000」。 Ta-da! Water for the bathtub comes from the ceiling. バスタブのお湯は天井から注がれる。びっくり。

RED-EYE TO SEA-TAC

Image
767-300 ER as always. いつもの通り、767-300ER。 Seat 7D as always. いつもの通り、シートは7D。 Midnight departure as always. いつもの通り、真夜中の出発。 And a ramen with bread before going to sleep, as always. いつもの通り、パンがついたラーメンを食べてから寝る。 Then, I came back to Boeing Field  as always. Today I can see a 737 for UT Air on the flight line. Delta B767-300 HND-SEA. The 639th flight in my lifetime. そして、いつもの通り ボーイングフィールド に帰ってきた。今日はフライトラインにUTエアの737が見える。デルタ B767-300 HND-SEA。生涯639フライト目。

100 MINUTES TILL BOARDING

Image
Less than 30 minutes from my doorway to check-in counters. Security and passport control are super quick. The lounge is almost empty. Taking a red-eye flight from Haneda is the most comfortable way to cross the Pacific. 家の玄関からチェックインカウンターまで30分以下。セキュリティとパスポートコントロールは圧倒的にスピーディー。ラウンジはほとんどガラガラ。羽田発のレッドアイは、最も快適な太平洋の越え方。

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2015 ANNOUNCEMENT IN TOKYO

Image
The event to introduce this summer's Ishinomaki Stand Up Week was held at Watteras Common in Tokyo and I joined as a commentator. The theme of this event is "Youth Power." この夏の 石巻Stand Up Week を紹介するイベントが東京の ワテラスコモン で開かれ、僕もコメンテイターとして参加した。イベントのテーマは「若者たちのパワー」。 So here are today's stars: Ishinomaki youths. Kato-kun from ITNAV (left) and Mogi-Miho and Nao who are from the first graduating class of Ishinomaki School , an educational program for high school student run by ISHINOMAKI 2.0 . そこで、こちらが本日の主役である石巻の若者たち。 イトナブ の加藤くん(左)と、 ISHINOMAKI 2.0 による高校生のための教育プログラム 「いしのまき学校」 の第一期生、 モギミホ &ナオ。 MCs: Gota-san (left) and Nishida-san from ISHINOMAKI 2.0. MCはISHINOMAKI 2.0の豪太さん(左)と 西田さん 。 Kato-kun introduces ITNAV who is nurturing young IT engineers in Ishinomaki. 加藤くんは、石巻で若いITエンジニアを育てているイトナブを紹介。 Mogi-Miho and Nao talks about projects of Ishinomaki School they worked on during last year's Stand Up Week . モギミホとナオのプレゼンテーションは、 昨夏のStand Up Week で行った いしの

FUKKO BAR IN GINZA 2015

Image
Summer has come in Tokyo, and again, Fukko Bar of Ishinomaki is back in Ginza as an event for a limited time only. This summer the venue got bigger, and as always, each night different teams from Ishinomaki and Tohoku regions operate the bar. I joined the opening night organized by ISHINOMAKI 2.0  team who is busy preparing for their annual summer event Ishinomaki Stand Up Week . 東京に夏が来て、またしても石巻の 復興バー が銀座に帰ってきた。今回も期間限定のイベントだが、会場が一段と大きくなり、これまで同様、石巻や東北の様々なチームが毎晩日替わりで運営する。僕は、毎夏行われるイベント 「石巻Stand Up Week」 の準備で忙しい ISHINOMAKI 2.0 が担当するオープニングナイトに顔を出した。 The bar was packed with customers. Gota-san, the leader of ISHINOMAKI 2.0 and tonight's bartender, introduced this summer's Stand Up Week to them. ISHINOMAKI 2.0のリーダーで今夜のバーテンダー、豪太さんが店を埋め尽くしたお客さんたちにこの夏のStand Up Weekを紹介。 An Ichinokura sake bottle with a special Stand Up Week 2015 label. The SUW logo was designed by Hinako at Makigumi . Stand Up Week 2015のスペシャルラベルがついた、 一ノ蔵 のボトル。SUWのロゴを作ったのは、 巻組 の ヒナコ 。 With Jeffrey, a do