Posts

AMAN KYOTO: DINING

Image
Western breakfast. 西洋式朝食も・・・ Kyoto-style breakfast. 京都式朝食も・・・ Soumen noodle lunch. 素麺のランチも・・・ Afternoon tea. アフタヌーンティーも・・・ All at the Living Pavillion facing the garden celebrating Kerry Hill, an Australian architect who designed many Aman properties including Amansara , Aman Tokyo , Amanemu , and of course Aman Kyoto . He passed away in 2018 before he saw the opening of this Aman. すべて、ケリー・ヒル氏をたたえる庭に面したリビングパビリオンで。 アマンサラ 、 アマン東京 、 アマネム 、そしてもちろんここ アマン京都 など、多くのアマンを設計したオーストラリア人建築家であるヒル氏は、この場所のオープンを見ることなく2018年に世を去った。

AMAN KYOTO: ONSEN AND THE FOREST

Image
As soon as we checked in, the staff made an arrangement to let us have the onsen bath all to ourselves, and we were escorted to their spa. So we could shower off sweat before starting our stay. チェックインしたらすぐ、僕たちが温泉を貸し切れるようにアレンジした上で、スタッフがスパまでエスコートしてくれた。まずはすっきりと汗を流してから滞在を始める。 An after-bath nature walk. 湯上がりのネイチャーウォーク。 

AMAN KYOTO: CHECK-IN

Image
Starting my vacation at Aman Kyoto—my 7th Aman . A room on the second floor could be the option, but I went for a ground-floor room that is organically connected with the beautiful forest at Takamine's mountain foot. When I sat on the tatami floor looking outside through the windows, I felt like I was in the room of a traditional Japanese ryokan with a vast garden. The shadows on the floor drawn by the lights through the leaves were impressive. 僕にとって7つめの アマン になるアマン京都でバケーションを始める。2階の部屋も選べるが、鷹峯の山麓に広がる美しい森との連続性が魅力的な1階の部屋にしてみた。畳の上に座って窓の外を眺めると、まるで大きな庭を持った日本旅館の部屋にいるような感じになる。樹々の葉の間を抜けてきた光が床に描く影がとても良い。

TO KYOTO UNDER THE BLUE SKY

Image
Traveling to Kyoto on the Nozomi train. It's a beautiful day, but Mt. Fuji was completely hidden in the clouds. のぞみ号で京都へ向かう。快晴だが、きょう富士は完全に雲に隠れていた。

ON A TRAIN IN THE RAIN

Image
Traveling back to Tokyo wishing the Kodama train I am taking could run faster than the rain cloud. But it seems impossible today. 乗ったこだま号が雨雲よりも速く走ってくれることを願いながら東京へ戻る。とはいえ今日は無理な様子。

SOKI ATAMI PART4

Image
Many of the ryokan-inspired hotels and resorts in Japan with half board give you too much food. SOKI is different. Their dinner and breakfast are served with a modest portion. The dishes using a variety of local ingredients are simple but still delicate and rich. I felt there is a similarity in the concept of the hotel's decor and what they bring to the dining table. 日本にある旅館式二食付きのホテルやリゾートでは、食事が食べきれないほど出てくることが多い。でも SOKI は違った。ディナーも朝食も適量で、様々な地元の食材を使ったメニューはシンプルなのに繊細で豊か。料理にも内装と同じコンセプトを感じた。 Some of the ingredients come from their garden. 食材の一部はホテルの庭からやってくる。 Once dinner is done, the next stop is the onsen bath. ディナーが終わると次は温泉へ。

SOKI ATAMI PART3

Image
The outside of the hotel building looks like a characterless suburban apartment. Still, once you step inside, you can enjoy the sophisticated spatial design by the Japanese design firm TONERICO: INC. The industrial ceiling over the corridors, often seen in US boutique hotels , gives a stark contrast with the wooden decor used in the Japanese ryokan context. And almost every corner in the public space has some design element that pleases your eyes while exploring the hotel. ホテル の建物の外見は、まるで郊外に建っている無個性なマンションのよう。でも館内に一歩入ると、日本のデザイン事務所トネリコによる洗練された空間デザインに迎えられる。廊下の上は USのブティックホテル でしばしば見られるインダストリアルなスケルトン天井になっていて、日本旅館の文脈を持つ木を使った内装とのコントラストが面白い。しかもパブリックスペースのあらゆる場所に様々なデザイン的仕掛けが用意されているので、館内の探検が楽しくなる。

SOKI ATAMI PART2

Image
There is a tea salon on the top floor of SOKI ATAMI , and it has a stage-like balcony overlooking the ocean. I ordered a cup of Shizuoka tea—because I happened to be in Shizuoka Prefecture— then I found it was served with the  yokans prepared by Tokiwagi Yokan Shop , a more than a hundred-year-old Japanese confectionery shop in Atami. I like how the most modern hotel in the area pays respect to a long-standing local brand. SOKI ATAMI は、海を見晴らすステージのようなバルコニーが付いた茶寮を最上階に持っている。せっかく静岡県にいるので静岡茶を一杯頼んでみたら、100年以上の歴史がある熱海の老舗、 常磐木羊羹店 の羊羹が添えられていた。地域で最もモダンなホテルが、歴史ある地元ブランドにちゃんと敬意を払っている感じが素敵。

SOKI ATAMI PART1

Image
This hotel had been on my radar since its opening last fall. SOKI ATAMI is a part of UDS Hotels that created CLASKA in Meguro—one of the first design hotels in Japan—and is running MUJI HOTELs, so you would feel the same philosophy is applied to the room decor. Everything is simple, no-frills, but still very functional and comfortable. The room I got comes with a bay-view balcony that has a round hot spring bathtub. And I love how they hide a desk space. It's like a secret den. 昨年秋の開業当時からこのホテルのことがずっと気になっていた。SOKI ATAMIは、日本のデザインホテルのはしりである目黒の クラスカ を作り、MUJI HOTELを運営しているUDSホテルズの一員。なので、内装に同じフィロソフィーを感じることができる。どこもシンプルで余計なものがないが、かなり機能的で快適。もらった部屋には、円形の温泉露天風呂を持つ相模灘ビューのバルコニーが付いている。そして、デスクスペースの隠し方がとても良い。まるで秘密基地のよう。

HOT SPRING TRIP ON THE KODAMA TRAIN

Image
Setting off on a hot spring trip to Atami on a Nagoya-bound Kodama Shinkansen train. The Nagoya-bound train usually has fewer passengers than the Shin Osaka-bound. So I booked one of them. 名古屋止まりの新幹線こだまで熱海へ温泉旅行に出かける。名古屋行きを選んで予約したのは、ほとんどの場合、新大阪行きよりも空いているから。