BELAVIA'S 737 CLASSIC PART2

There's no bulkhead wall in front of the port-side front row seats.
ポートサイドの最前列シートの前にバルクヘッドウォールがない。

A Belavia macaron. They say it's hand-made.
ベラヴィアマカロン。ハンドメイドらしい。

Landed in Minsk, the capital of Belarus which is my 71st country visited (if I count pre-reversion Hong Kong and Macau in)
ベラルーシの首都、ミンスクにランディング。返還前の香港とマカオを含めると、ベラルーシは71か国目の訪問国。


Minsk National Airport. I've been dreaming for a long time about landing at this airport that has a touch of Eastern bloc sci-fi. Now I can enter Belarus easily getting a visa-on-arrival inside the terminal. It has come a long way from the days when the invitation was required to get into the country. I didn't even have to fill in the arrival card.
ミンスク国際空港。東側のSF映画に出てくるようなこの空港に、いつか降りたいとずっと思っていた。今ではターミナルの中でビザ・オン・アライバルを取るだけで簡単に入国できるので、インビが必要だった時代と比べて隔世の感がある。入国カードの記入さえ必要なかった。

Comments