DELTA FLIGHT MUSEUM: THE JET AGE

I continued browsing inside the jet age hangar. This is a tail fin of the DC-9. Tail number 204 means N3304L, one of the original DC-9s called Series 10, that was delivered in 1965.
ジェットエージハンガーの中をチェックし続ける。これはDC-9のテールフィン。テールナンバー204は、シリーズ10と呼ばれる最も初期のDC-9の一機である、1965年にデリバーされたN3304Lのもの。

A head of the prototype Convair 880. Delta was the first airline to put Convair 880 into commercial service, and one of Delta 's 880s became Elvis Presley's private jet "Lisa Marie".
コンベア880のプロトタイプの頭。デルタはコンベア880の商業運航を最初に行ったエアラインで、デルタの880の中には、のちにエルビス・プレスリーのプライベートジェット「リサ・マリー」になった機体もある。

And its cockpit. It was a very fast jet, but hard to control and notorious among operators including Japan Airlines.
で、そのコクピット。とても速いジェットだったが、扱いづらく、日本航空を含むオペレーターには評判が悪かった。

One of engines which accelerated the jet age. A Pratt & Whitney JT3D-3 engine which powered Delta's DC-8-61.
ジェットエイジを加速させたのは、このようなエンジンたち。デルタのDC-8-61に搭載されていた、プラット&ホイットニーJT3D-3。

The original fuselage of the first Lockheed L-1011 TriStar. My first flight I took when I was a kid was ANA's Kumamoto-Haneda route and it was operated with L-1011.
ロッキードL-1011 トライスターの1号機の機体。これはオリジナルとのこと。僕の人生初フライトは、子どもの頃に乗った全日空の熊本ー羽田線で、L-1011だった。

Comments

Unknown said…
This comment has been removed by a blog administrator.