MUSEUM REMISE PART2

There are more tramcars in the museum. A beautiful Type D 4301 was built by an Austrian manufacturer of automobiles, trucks, buses, and trolleybuses Gräf & Stift, which is now a subsidiary of MAN famous for its buses and trucks.
ミュージアムにはトラムカーがまだまだいる。美しい4301はタイプDで、オーストリアの自動車、トラック、バス、トロリーバスメーカーであるグラーフ&シュティフト製。グラーフ&シュティフトは現在、バスやトラックのメーカーとして有名なMANの子会社。

A Type K tramcar 2380 built by Simmeringer Waggonfabrik in 1912.
1912年にシマーリンク・ワゴン製造会社が作ったタイプKの2380。

A Snowplow railcar Type SP Nr. 6019.
タイプSPの除雪車、6019。

A sidecar Type m3 Nr. 5412 built by Grazer Waggonfabrik in 1929.
1929年にグラーツ・ワゴン製造会社が作ったタイプm3付随車、5412。

The relatively modern Type F. This 746 was built in 1963 by Simmering-Graz-Pauker—currently a part of Siemens.
こちらは比較的モダンなタイプF。この746は、現在はシーメンスの一部になっているシマーリンク・グラーツ・パウカーが1963年に作った。

Comments