METRO DE MEDELLÍN LÍNEA A

One of the key drivers of Medellín's dramatic transformation from a murder capital to an up-and-coming tourist destination is its urban transit system. Today, I try to experience it starting from Metro Line A—the first line they opened in 1995.
殺人の都から可能性に満ちた観光都市へ。メデジンに劇的な変化をもたらした重要な要素の一つが都市公共交通システム。今日はそれがどんな感じか試してみる。まずは1995年に最初に開業したメトロA線から。

At a ticket kiosk in Poblado Station, which is the nearest to my hotel, a kind young man who speaks English told me that a multiple-ride ticket is available only at San Antonio Station in central downtown.
ホテルに一番近いポブラド駅の切符売り場で、英語を話す親切な若い男性が、複数回乗車できるチケットはダウンタウンの中心にあるサンアントニオ駅でしか手に入らないと教えてくれた。

So I got off at San Antonio...
そこでサンアントニオで降りて・・・

...and got this: Medellín's version of Suica. This rechargeable contactless smart transit card has your name on it. So you need to present your passport when they issue it for you. Luckily I had a photocopy of my passport in Evernote app on my iPhone. No one wants to carry the passport around in the city once known for violence and crime.
これをゲット。メデリン版のSuicaといえるこの非接触型交通ICカードは記名式。だから発行してもらう時にパスポートを提示しなくてはいけない。幸運なことに、僕は自分のiPhone上にあるEvernoteアプリケーションにパスポートのコピーを入れてあった。かつて暴力と犯罪で有名だった都市で、パスポートを持ち歩きたい者はいないだろう。

An EMU built by Spanish rail vehicle manufacturer CAF at Alpujarra Station.
スペインの鉄道車両メーカーであるCAF製の電車。アルプハラ駅で。

Comments